業務内容

居宅介護支援(ケアマネジメント)を行っています

ケアプランいなみは、介護を必要とする高齢者が、ご自宅で生活しながら介護サービスを利用するための居宅介護支援(ケアマネジメント)を行っています。

ケアマネジャーが、ご利用者様ひとりひとりの状況を踏まえて、その方に合った適切な居宅介護サービスを受けるためのケアプランを作成し、その計画に基づいてサービスが提供されるよう、事業者などと連絡・調整を行っています。ご利用開始後は、月に1度以上ご利用者様を訪問し、ご希望通りのサービスが受けられているか確認し、その時の状態やご希望により、常にケアプランの見直しを行います。

また、ご利用者様が介護保険施設への入所を希望される場合、ご利用者様に介護保険施設の案内その他の支援をいたします。

「公平中立」で「対応力のある」介護支援を行っています

① ご利用者様を一番に考え、公平中立なケアプランを作成します

ケアプランいなみの最大の特徴は「独立型」であるということです。本来、国の定めでは「居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行うこと」とされています。

ケアプランいなみは、ケアマネジャーが本来あるべき姿勢で活動できる「独立型」の居宅介護支援事業所として設立されました。ご利用者様のことを一番に考え、公平中立な居宅介護支援を行うことをモットーとしています。

② 所属ケアマネジャーの知識を結集して質の高いサービスを提供します

ケアマネジャーとは介護の知識を幅広く持った専門家です。資格を取るためには「保健・医療・福祉の国家資格を持ち、それらの分野で5年以上、900日の実務経験がある人」といった厳しい条件があります。

ケアプランいなみには14名のケアマネジャーが所属しており、その経歴は看護師、社会福祉士、歯科衛生士、介護福祉士等、多岐にわたります。スタッフ同士の情報交換やミーティングにも力を入れており、介護のプロフェッショナルな集団として知識や経験を集結することで、様々なケースに対応できる、質の高い居宅介護支援が可能となっております。

ケアプランいなみを利用できるのは、どんな場合ですか?

介護保険を利用したいが、利用方法が分からない方。

要介護認定で「要介護1~5」の方、また「要支援」で市町村や地域包括センターからの依頼を受けた方で、ご自宅での生活を続けながら介護サービスの利用を希望される方。(緊急の場合は、認定が下りる前でも利用できます。)

また、ケアマネジャーが定期的に訪問させていただくため、甲府市・南アルプス市・甲斐市・韮崎市・中央市・昭和町を中心とする山梨県内にお住まいの方を対象地域とさせていただいております。

居宅介護支援について

「居宅介護サービス」は介護保険で受けられるサービスです

介護保険法により、65歳以上の方(第1号被保険者)は、介護の原因を問わず所定の要介護状態になった場合に保障を受けられます。また、40~64歳(第2号被保険者)で特定の病気(16疾患)によって、要介護状態になった方も介護サービスを受けることができます。

介護サービスは大きく「居宅サービス」と「施設サービス」に分けられます。自宅で生活しながら利用できる介護サービスのことを「居宅サービス」といい、一方、特別養護老人ホームなどで介護を受けることを「施設サービス」をいいます。

居宅サービスには、在宅で利用できるサービスを中心に様々な種類のサービスが用意されており、この中からご利用者の希望に合うものを組み合わせて利用できます。

介護サービスを利用するにはケアプランの作成が必要です

ケアプランとはどのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことで、介護サービスを利用する際に必要になります。

居宅サービスを利用する場合には、都道府県知事の指定を受けた「居宅介護支援事業者」に依頼し、担当のケアマネジャーと相談しながら、「居宅介護サービス計画書(ケアプラン)」を作成します。なお、ケアプランの作成には、利用者の負担はありません。

ケアプラン作成は無料です

ケアプランの作成料は、介護保険で全額負担しますので、ご利用者様の負担はありません。ご安心ください。

ケアプランいなみのスタッフ募集

私たちと一緒に働いてくださるスタッフを募集しています

PAGE TOP